2011年04月23日

茂原市文芸協会の第21回定期総会に招かれ、出席しました。

先週の日曜、4月17日にお招きを受けて茂原市文芸協会の総会に参加させていただきました。

私も普段、何やかやと忙しいですので、どうしようかと思いましたが、総会の後に茂原市生涯学習課の岸波宗岳(茂原市学芸員)さんが、「門前町茂原の形成と日蓮聖人」と題しての講演をなさるということでしたので、思い切って出かけてきました。

茂原が藻原寺の門前町として発展してきたことは、市民の多くの皆さんが御存知のところですが、平成25年度に藻原寺では大きな記念行事を予定されているということですので、もう少し茂原の歴史を知っていた方がいいかな、と考えた次第です。


初めての総会参加ですが、会場に入りますと茂原市長始め、立派な方々が御着席になっていました。
私は後ろの方、藻原寺のお坊さんのお隣に座らせていただきました。

文芸協会23総会(大柿).jpg


机の上に置かれた総会資料を見ますと、役員の名簿があり、その顧問の欄には以下の皆様のお名前がありました。

《顧問》
    篠田哲彦  横堀喜一郎  鶴岡宏祥  千葉東弥  
    初谷知津枝 細谷菜穂子  平井吾風

IMG_0234文芸23総会.JPG


茂原市文化協会には21の団体が加盟していますが、こんなに大勢の政治に関わる方々を顧問に置かれている団体は、文芸協会だけではないのかなあ、と思いながら見させていただきました。

文芸協会の構成は以下のようになっていて、総会員数は151名。実会員数は129名とのことです。

●文章 文章グループ
●連句 茂原連句会
●詩  現代詩の会
●短歌 秀の丘短歌会 藻の原短歌会 茂原短歌同好会 茂原表現短歌会
●俳句 玄火茂原句会 新涛橡俳句会 つくも俳句会  桃源俳句会
    東部台俳句同好会 藻の花俳句会 本納俳句会 茂原俳友会
●川柳 なし

初めに斉藤文芸協会長の挨拶があり、続いて市長、県議OB、県議(2名)、市議(2名)、教育長と次々に挨拶に立たれ、皆様の御挨拶がさながら挨拶のコンペティションのようでした。


斉藤会長
IMG_0233文芸23総会.JPG


教育長
IMG_0235文芸23総会.JPG


それぞれにいわゆる型があり、またどのようなところに日頃問題意識を持たれていらっしゃって、また話の構成力や表現力もわかって、興味深かったです。

まるで公開演説会のよう。
型どおりの挨拶をなさる方、本気で御自分が話されたことを自らの力で実現なさろうとしていることが伝わってくる挨拶、それを誰が実現させるんだろうと考えさせられる挨拶など、自然と比較させていただきながら聞かせていただきました。

文芸活動に深く関わっていらっしゃる協会の参加者の皆様も、その能力から、採点しないまでも興味深く聞いていらっしゃったのではと思いました。


ひととおり挨拶が終わりましたら、顧問の皆さんや来賓の方々は一人初谷市議を残して一斉に帰られました。

IMG_0237文芸23総会.JPG


政治に疎い私ですので、文芸協会と政治家とのつながりが理解できないままに、皆さんの後姿を見送りました。
男性の市議はどうして顧問に招かれないのだろうかとかも。一人招くと、全員ということになってしまうからでしょうか。

その後、総会の議事が進められ、協会創立以来20年間、会長を務められた齊藤一燈さんから深山清志さんにバトンタッチがあったことが報告され、すべて原案どおりに可決されて総会は終了しました。

新会長の深山さん。
IMG_0238文芸23総会.JPG


総会の後、岸波学芸員さんのお話をお聞きし、これは話を聞いて簡単に理解しようと思っていた私が誤りで、予め相当に歴史を勉強してからこういう場に臨まないと、まったく時間の無駄遣いに終わってしまうなあと恥じ入り、深く反省しながら会場を後にしました。

IMG_0239文芸23総会.JPG
posted by 大柿恵司 at 14:38| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 茂原市文化協会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック