2014年03月22日

JA長生女性部短期大学の第12回講座を傍聴させていただきました。

2014年3月14日(金)

特にお願いをしてJA長生女性部短期大学の第12回講座を傍聴させていただきました。

IMG_7028.JPG

本日の講師は、山梨県北杜市産業観光部 観光・商工課の浅川裕介さん。浅川さんは、一般社団法人里くらの理事でもあり、あさかわ農場の代表でもいらっしゃいます。

IMG_7029.JPG

浅川さんは「農は国の大本なり」と題してご講演くださいました。
内容は、こちらの「alps107_46 浅川裕介 “一流の田舎まち”を目指して.pdf」をご覧いただけたらおおよそご理解いただけるかと思います。
お若い(33歳)のに大変立派な方でありました。
また、北杜市ではすでにTPP対策(勝ち残れる農業)を“実践している”ところに大変感銘を受けました。

IMG_7036.JPG

質疑も熱心に行われました。

IMG_7039.JPG

講演の中で、「手前みそのうた」が紹介されました。
これは、子供たちに味噌と郷土食を楽しく伝えるとともに、家庭で味噌をつくることを奨励し、地元産大豆の消費拡大につなげるために作られた曲です。
その効果は大のようですよ。



この日、とってもいいお話をお聞きすることができました。JA長生様に感謝申し上げます。
あんぱんまんに見送られて会場を後にしました。

IMG_7040.JPG
【関連する記事】
posted by 大柿恵司 at 01:20| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物、農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック