2015年02月16日

NPO法人さすが一の宮主催の「県立一宮高校生徒による、一宮町活性化提案会 in 寿屋本家」が開催されました。

2015年2月8日(日)

さすが01.jpg

さすが02.jpg

NPO法人さすが一の宮の理事会閉会後、「県立一宮高校生徒による、一宮町活性化提案会 in 寿屋本家」が開催されました。

さすが町長.jpg

玉川孫一郎一宮町長も最後まで熱心に耳を傾けて下さっていました。
こういう首長さんはいいですね。
毎度挨拶が済むや帰ってしまわれる首長ですと、本当はどんな感じ方、考え方をする人なのか、一般住民には全然分かりませんからね。

さすが03.jpg

さすが04.jpg

NPOから依頼した研究テーマについて、高校から2人の先生もおいで下さって、代表して2人の高校生が発表してくださいました。

さすが05.jpg

さすが06.jpg

さすが07.jpg

また、当NPOとパートナー関係にある千葉大学モリス研究室の学生からも、店蔵(みせぐら)「寿屋本家」の活用方法についての提案がありました。

さすが08.jpg

さすが11.jpg

さすが09.jpg

さすが10.jpg

研究や提案に終わらせず、出来るところから実行していくことになります。
【関連する記事】
posted by 大柿恵司 at 00:59| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | NPO法人 さすが一の宮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 わたくし神奈川県在住の62歳の男性です。定年を機に東浪見にささやかな別荘をもとめ行く行くは一宮町に移住をと考えている‘半住民’です。
 このたび、2020東京五輪サーフィン種目で一宮の‘志田下’が会場に内定したとか、大変に喜ばしい限りと存じます。ですが、関係各位の喜びの声のなかで馬淵現町長のコメントが一番、控えめであったことが気になります。一宮の町民でもない部外者が何を戯けたことをとお思いでしょうが、一宮,長生地域に‘人一倍’愛着を感じている小生には大いに気になるところでした。
 さて、小生の百万倍は地域を愛しておられる貴公のブログをずっと拝聴させて頂いておる次第ですが、町長に直に声をかける術も無くこの地域の発展に心からご尽力なされているこのコメント欄を借りて町長殿に、また森田県知事にこの提案の一端でも届いたらと見果てぬ妄想を抱いて筆を走らせている次第です。
 馬淵町長の懸念は、たぶん、今まで一宮町が音頭をとってオリンピック誘致活動を展開してきた結果が、8月4日の発表につながったと思いますが、その成果を一宮町が独占するような印象を与えるのは本意では無いというのだろうと推察しております(違ったら一笑してください)。
 サーフィンの競技には全くの門外漢ですが、漏れ聞く話では、自然相手のスポーツ、常に思い通りの風が吹くわけでも波があるわけでもないとのこと。メイン会場のほかにサブ会場の用意も欠かせないとか。また、多くのスタッフや支援者も必要になるようにも聞いています。
 いよいよ、結論の提案ですが、オリンピックにおける会場は、志田下とか一宮・いすみとかじゃなくてもっと広い視野で『外房ビーチ(外房BEAT)』として、今までに千葉県から名乗りをあげたすべての地域を包括する地域名を正式名称としたらいかがでしょうか。ネットで調べたところ、地域名として『外房ビーチ』と使用する例が思いの外無いように見受けられます。そこでこの機会を捉え、九十九里から安房地域までの海岸を総括してこのように呼んだらいかがでしょうか。
 サーフィンの聖地『外房ビーチ』。すっと耳に入ってきませんか。
 内々に貴公から町長に、さらに町長から知事に耳打ちすることで森田知事の発案でオリンピック開催地は『外房ビーチ』で、とはいきませんか。
 なにか私のアイデアみたいに書きましたが、たぶん賢明な諸先輩の脳裏に閃いた至極平凡な発案だと思います。無責任な戯言とお笑いください。
           
 大柿議員殿      中村雅之           

Posted by 中村雅之 at 2016年08月06日 22:27
中村雅之 様

コメントの書き込み、ありがとうございます。
馬淵町長のところにはお盆過ぎにお邪魔しようと考えておりました。
役場内にオリンピック準備室、またはオリンピック課を設置するものと思っておりますが、今後の取り組み方針など、お話をお伺いしてこようと思います。
出来る限りのお手伝いをいたすつもりです。
なお私、まだ議員ではございません。来年4月に再チャレンジの予定であります。どうかよろしくお願い申し上げます。
Posted by 大柿恵司 at 2016年08月12日 01:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック