2016年11月20日

茂原に外国人観光客を増やしていくために。

11月10日

北海道拓殖銀行倒産の煽りを被って生じた長柄ふるさと村・日本エアロビクスセンターの何百億円もの負債を、中心になって完済を終えられたお方とお話をする機会をいただきました。有難いことです。
で、今日のお話の主題は、今後、外国からの観光客を茂原・長生地域に呼び込み、増やしていこうということ。
2020年には一宮町が東京オリンピックのサーフィン会場になりますし、早く始めませんとほかの地域に先を越されます。
また、にいはる工業団地への企業誘致だけでは地域の活性化には不十分で、老いも若きもみんなで工業団地に勤められるわけではありませんから、多くの人が参加できるのが観光産業です。
ということで、まずは外国人観光客を呼び込んでいくための研究会を作ろうという流れになりました。
アクションの方向性を考えてから動き出したいと思います。

CF354AFB-8DB1-4343-A150-DD9071DF8660.jpg
posted by 大柿恵司 at 09:36| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック